会社の所在地を簡単に手に入れる方法

起業しようと考えた場合には、会社の所在地が絶対に必要になります。しかし、インターネット上に店を構えて、実店舗を持たない形式で商売をおこなおうと考える方もいるでしょう。ですが、ネットショップで商売をおこなうためには、お店のページに会社の所在地を記載することが法律で決まっています。もちろん、自分が現在住んでいる住所を記載することもできますが、それでは個人情報が漏れてしまうため、安全性を考えるならおすすめはできません。もしも、個人情報をしっかりと守ることができる会社の所在地が欲しいのなら、バーチャル空間に借りられるオフィスを活用するとよいでしょう。実際に賃貸物件を借りることで住所を用意することもできますが、そちらよりもバーチャルオフィスを活用したほうが格安で済みます。なお、こちらのサービスはバーチャルというワードがついていますが、実際に存在する住所を会社の所在地として借りることができるサービスです。従って、ネットショップを開業するときにもしっかりと使えるため、自宅とまったく別の住所を安全に手に入れられます。

信頼できる住所をしっかりと選びましょう

バーチャルオフィスを借りることを考えたのなら、まずはエリアを決めることから始めましょう。普通に賃貸物件を借りた場合は、都心や駅の近くなどを選ぼうとすると、かなりの費用がかかってしまいます。しかし、バーチャルオフィスならば、高級といわれる住所でも安価で契約することが可能です。そのため、名前だけで信頼性をあげられる高級なエリアに借りて、メリットを得た上で商売を始めることを推奨します。都心などでも格安で借りられるため、費用以上の大きなメリットを得ることができます。

サービス会社のサイトで概要やオプションのチェックを

立地のよいところに借りたいのなら、まずはサービスを提供してくれている会社のサイトに訪れてみましょう。そこにはたくさんのエリアのバーチャルオフィスが紹介されているはずなので、自身の希望する条件に合ったところを見つけられます。現地に訪れなくても借りられるシステムなので、好きなエリアのオフィスを格安で借りてしまいましょう。なお、住所を借りること以外のサービスとして、受け付けや郵便物などのサービスを提供してくれるケースがあります。ただし、それらはオプション扱いのサービスとなっている場合が多いため、別途契約が必要な場合がほとんどです。もちろん、最初から契約する必要はありませんので、日常の業務で不便に感じてきたときに申し込むとよいでしょう。

法令で保管が義務付けされている書類を当社は無料で保管することが可能です。 お問合せ・ご相談はこちら:03-3546-8801(10:00~17:00 土・日・祝日を除く)となっております。 バーチャルオフィスを使用する上で役に立つ書類・実績リストも掲載させて頂いております。 当社は転送電話の機能をご利用頂くことも可能となっております。 バーチャルオフィスで挑戦を応援するKrigo

ピックアップ記事一覧