バーチャルオフィスは住所を貸してくれるサービスですが

これはフリーランスなどの人が利用するための対策

世の中にはいろんな形での商売がありまして、そのうちの1つが自宅で活動するフリーランスなどの人です。これら自宅で活動するフリーランスなどの人の中にはインターネット通販サイトなどの形で運営する人などもいます。もしこれらの商売を個人事業主や法人として行うのであれば、活動拠点としての住所や電話番号などを公開する必要が生じます。自宅を実店舗として運営している理髪店や美容室や料理屋などは自宅を活動拠点として公開してます。というのはそうしないと客が店舗まで来れないからです。しかし実店舗を持たないインターネット上だけの商売活動しか行わない人の中には、自宅の場所を公開することをためらう人もいます。そこでこれらの問題を払しょくするためのサービスが登場しています。

自宅をカモフラージュするためのサービス

それはバーチャルオフィスというサービスの存在です。これは住所や電話番号を貸してくれるためのサービスです。このサービスを利用する場合の長所としては、まず第一に自宅の場所を非公開にしてくれること、そして実際にオフィスを借りるよりも圧倒的に安上がりで済ませられるからです。実際にオフィスを借りるとなると家賃が高額になるし、連帯保証人や敷金など初期費用の問題が付きまといます。しかしこの住所を貸してくれるサービスでは連帯保証人も要らないし、家賃自体が月額にして1万円未満で済ませられます。中には数千円を下回るところすら出現しています。そこを表向きの活動拠点とすることで、郵送物はそこに到着した後に、そこの常駐スタッフが自宅へ転送してくれますし、電話にしても転送することで自宅に自動的につながるようになってます。

ですがこのサービスもデメリットが存在します

しかしそのバーチャルオフィスもデメリットが存在します。デメリットの1つは貸してくれてる住所を見破られやすくなってることです。というのはインターネットの発達で誰もが簡単に検索できる時代になりました。検索では簡単に地図が出てくるし、その地図もストリートビューなどで実際の現地の写真を調べられます。これらの検索で調べていくことでバーチャルオフィスだと判断されると、相手の顧客次第では信頼問題に発展してしまうことになりかねません。というのは過去に怪しい悪質な業者や犯罪者などがそれを利用していたこともあるからです。それに自宅を公開しないでバーチャルなオフィスの場所で申請すると様々な法律での許認可や法人としての銀行口座開設なども不許可となりますので商売活動が困難となります。

ピックアップ記事一覧