起業した会社がバーチャルオフィスを利用するメリットと留意点

バーチャルオフィスに関する主な特徴

バーチャルにつきましては、仮想、あるいは擬似という意味があります。そして、バーチャルオフィスに関しては住所それから、電話番号や、FAX番号などをレンタルすることが可能なサービスになります。オーソドックスな貸し事務所、あるいはレンタルオフィスでは事務所スペースを賃貸しますが、仮想の場合は会社の業務を行うためのスペースの賃貸はは行ないません。活用する事で事業にどういった有益性があるのかをふまえた上で、使うかどうかを熟慮することが大事となります。

起業時に活用することで得られるメリット

一等地において住所が整備されている傾向が見られるので、一等地の住所を借り入れることで、起業時における会社組織の印象がよくなるというアドバンテージがあります。本社、あるいは事務所の住所によって取引相手が受けるイメージが変わることから、現実の上で起業時にビジネスをこの場所で遂行していなくてもイメージを非常によく持ってもらうことが望めます。また、事務所スペースを借りない分だけ、リーズナブルに利用することができるので、起業時には特に役立ちますす。そして、一等地の所在地で登記を行ないたいけれど、賃貸オフィスを借りないで、家でどうしても必要な作業をしたい場合もありますよね。その場合は、バーチャルオフィスを利用することによって、住所を借り入れることで必要最小限のコストで一等地の所在地での登記に取り組むことができます。

活用前に気を付けるべき主な留意点

デメリットとしまして、法人銀行口座を立ち上げるのは可能に違いありません。しかし、実際のところこの場所でビジネスを実施していないため、貸しオフィス、あるいはレンタルオフィスと比べて審査がパスしにくいというウィークポイントがあります。法人銀行口座を開くことをスケジュールされている人は、開設する予定の銀行において法人銀行口座が開くことが可能か否か確認する必要があります。事務所スペースを賃貸しないことは、融資においても影響をもたらします。法人銀行口座開設の審査と同じくらいに、融資においてもビジネスの全貌が確かめられるかが1つの審査基準となっています。住所限定で借り入れるこうしたオフィスでは創業融資の審査そのものがパスしにくいとされています。創業融資の活用を望んでいる人は、融資審査がパスするか否かをプロフェッショナルに相談される方が望ましいといえます。また、社会保険、或いは雇用保険の加入においても会社の事業の実態が把握しにくいということで、申請そのものが受理されづらいとされています。

ピックアップ記事一覧