東京で起業するなら実店舗とバーチャルオフィスを比較しよう

東京に進出する場合には賃貸料を節約する方法

『東京でビジネスを始めたいけれど、物件の賃貸料が高すぎる』と感じてしまい、進出をあきらめた方もいるはずです。確かに、東京というエリアは地方と比較すると賃貸料が高すぎるため、自宅と働くための物件の両方を借りると、とんでもない費用になってしまいます。自宅を都心ではないところに借りれば安く済みますが、それでは不便なことが多いため、忙しい開業時の対応が難しくなってしまうでしょう。もしも、業務が自宅でおこなえるものだというのなら、実際のオフィスを用意する必要はありません。現在では、バーチャルオフィスといって、住所だけ借りられる便利なサービスがあるため、そちらを利用することも考えてみましょう。このサービスを利用すれば、物件の賃貸料が抑えられるため、かなりの節約が期待できます。

ビジネス街に住所を借りることのメリット

自宅で業務をおこなえるのなら、そこを住所として登録してしまえばよいと考える方もいるかもしれません。確かに、その方法は可能で、自宅を会社として登録している方もたくさんいることでしょう。しかし、現在ではインターネットを利用すれば、住所を検索して、すぐにどんなところか調べることができるということを知っておかなければいけません。もしも、住所を調べたときに、住宅地が所在地ではビジネスをする上で信頼が薄れる可能性もあります。もちろん、住宅地でも信頼してもらえる業種もありますが、そうでないのなら、今後のことを考えてやめておいたほうが無難でしょう。なお、バーチャルオフィスは空き地などを住所にしていることはなく、きちんとしたビジネス街などにある場合がほとんどです。そのため、インターネットで検索されても、住所を借りているとはばれにくいので安心して利用しましょう。もしも、見た目が心配ならば、借りるときに自身で住所を検索して、マップで確かめてみることをおすすめします。

それぞれを比較して十分に検討をしてから申し込もう

バーチャルオフィスなら、東京の駅前やビジネス街の一等地など、有名な住所も安く手に入れられるため、さまざまなところを比較して自身のビジネスに適切なところを探すことをおすすめします。ただし、数多くのバーチャルオフィス業者があるため、それらの特徴をきちんと調べることから始めなければいけません。月々の値段はもちろんのこと、立地も違いますので、サービス情報をよく読んでメリットやデメリットを考えてから申し込むようにしましょう。

ピックアップ記事一覧